2012年 09月 19日

石巻市鹿妻第三町内会の被災者の方々に励ましを届けたい!

昨年10月、あったかストーブプロジェクトの窓口となって頂いた西村しげさん宅にて。
a0157107_10242385.jpg

9月30日、石巻市鹿妻南3・4・5丁目の住民の皆様が「大お茶っこ飲み会vol.2」を開催します。
主催者は「鹿妻第三町内会」。開催場所は鹿妻南コミュニティハウス。
主催者の中心人物は、鹿妻第三町内会会長の西村しげさんです。

西村さんには、昨年行った扇風機プロジェクトやあったかストーブプロジェクトにおいて、
鹿妻地区の窓口となっていただき、多大なご協力を頂きました。
ご自身、自宅1階が壊滅的に破壊される大被害を受けていながら、
自らのことを顧みず、地域の被災者の方々への支援に献身し続けられている方です。
昨年、私があったかストーブプロジェクトに真剣に取り組むことが出来たのは、
彼女の、地域の老人を初めとする困窮する人々への献身的な支援活動を見てきたからです。

震災から一年半を経過しましたが、被災地は大きくは変わっていません。
そんな中、鹿妻南地区では避難先から自宅に戻ってきた人々も多く、
これからの復興に向けて、地域住民同士の団結が求められています。
この度の催しは、地域住民の交流と絆を深め、復興へパワーを生み出すためのものです。

催しの中で、くじ引きで被災者の方に景品をプレゼントするイベントがあるそうです。
数百人の参加者が見込まれ、主催者だけで集められる景品には限りがあります。
そこで、本ブログ読者の皆様のお力をお借りしたくお願いいたします。

1)9月28日必着で「大お茶っこ飲み会vol.2」参加者に励ましの景品をお届け下さい。
2)豪華な物は避けて下さい。ささやかで気持ちのこもった物をお願いします。
3)できれば励ましのメッセージを添えて送って下さい。

【お届け先】 〒986-0042 宮城県石巻市鹿妻南3-6-27 西村しげ 080-5552-3080

直接送って頂けるのが一番ですが、気持ちはあるが時間が無いという方もおられると思います。
そのような方々にお願いです。下記口座に1口1000円の支援金をお願いします。
このような催しは何かと経費がかさみます。その一部でも私達で負担したいと思います。

1)1口1000円です。1口だけでも十分ですのでご協力頂ければ幸いです。
2)振り込んで下さった方のお名前をカタカナにて本ブログに掲示させて頂きます。
  (本名が掲示されるのが不都合だという方はペンネームにてお振り込み下さい)
  (お一人ずつの振り込み金額は掲示いたしません。1日ごとに合計金額を報告します)
3)募金は9月28日金曜日まで受付させて頂きます。
4)9月25日までの入金分を9月26日に西村しげさんにお渡しいたします。
5)9月26日〜28日分は10月1日に西村さんにお渡しいたします。

【支援金振り込み先口座】

 りそな銀行 東大和支店 普通4491839  ヒューマンリンク 代表 平島武文

【西村しげさん関連のブログ記事(個人ブログ)】

※「いいの。だって私達負けていないから。絶対に負けないから。元気だから」
※西村さんの住む石巻市鹿妻南地区の津波被害の状況。
※津波で甚大な被害を受けた西村さん宅1階は支援物資倉庫として活躍した。
※どうして私があったかストーブプロジェクトを行おうと思ったか。
※西村さん宅はあったかストーブプロジェクトの窓口(大坂から130台のストーブ・動画)。
[PR]

# by human_link | 2012-09-19 10:57 | 震災
2012年 02月 09日

あったかストーブ 最後のお届け

2月6日、陸前高田市に最後のストーブをお届けしてきました。
お届けした先は、特定非営利活動法人陸前高田市支援連絡協議会AidTAKATA・陸前高田事務所。
写真左は、Aid TAKATA 陸前高田事務所・統括責任者の菅野塁さん。
初めてお目に掛かったのですが話が弾み2時間以上膝を詰めてじっくりと語り合いました。
「次は泊まりがけで来て下さい。一緒に飲みながら語り明かしましょう」と言って頂きました。
勿論「喜んで」とお返事しました。近いうちに再訪し菅野さんと語り合ってきたいと思います。

d0241728_13262797.jpg

[PR]

# by human_link | 2012-02-09 13:26 | 震災
2012年 02月 08日

破顔一笑

ここまで笑っている写真は珍しいです。亜門さんとのツーショットが嬉しかったからです。
私はアンチミーハーですから(笑)有名人や著名人と写真を撮ったことなど一度もありません。
しかし、宮本亜門さんは本当に素晴らしい方で、すっかりファンになってしまいました。
亜門さんと私は同じ年です。ただいま54歳です。二人も若い(笑)。

亜門さんは「うれしいプロジェクト」のリーダーとして熱心に被災地支援に取り組まれています。

a0157107_17324279.jpg

(2月8日の個人ブログより転載)
[PR]

# by human_link | 2012-02-08 23:34 | 震災
2012年 02月 08日

実り多き3日間

ふんばろう代表西條さん・宮本亜門さん・さかなのみうらの三浦社長。2月5日南三陸町にて。
a0157107_11544798.jpg


今回はふんばろう東日本支援プロジェクトの西條代表に誘われて南三陸と大槌町に行った。
春当時から私のツイートやブログを読んでいた方々はご承知の事だが、
私は6月3日に連続117ツイートを行い被災地支援に関心を持つ人々の間で大いに話題となった。
その連続ツイートの中で私は西條代表との一心同体宣言を行った。
西條さんも私のような危なっかしい男を「代表補佐として力を貸して下さいと」乞うてくれた。
多忙である西條さんに代わって8月一月限定で代表代理を務めさせていただき、
ふんばろうの扇風機プロジェクトの牽引役をやらせて貰った。

扇風機プロジェクトが終わった後、8月28日に西條さんと密室で2時間話をした。
私は思うところがあって暖房機支援はふんばろうと別に取り組む積もりであることを彼に告げた。
西條さんは「そんなこと言わずに一緒にやりましょう」と言ってくれたが私は断った。
その後ふんばろうは仮設への支援を中心に、私は自宅避難世帯への支援を中心にという話をした。
この話し合いを最後に西條さんとは一度も会っていなかった。
一度彼から誘いの電話を貰ったが、その時には別の用事もあったので断った。

今回、西條さんが「たまにはご一緒しませんか? ゆっくり話もしたいですし」と誘ってくれた。
演出家・宮本亜門さんを南三陸町にご案内するので紹介下さるとも言ってくれた。
生憎かなり重要な予定が入っていたので一旦は断ったのだが、
ストーブプロジェクト以後の課題を考えるに当たって彼と話をすることは極めて重要だと考え、
入っていた予定を我が社の専務に任せて3日間西條さんと行動を共にした。

ご紹介頂いた宮本亜門さんはとても素敵な方であった。
被災地支援に取り組む想いの熱さがストレートに伝わってきて強い共感を覚えた。
被災者の方々も宮本さんの訪問をもの凄く喜んで下さりご一緒させて頂き嬉しかった。

ふんばろうのPCプロジェクトから学習支援NPO団体にノートパソコンを50台寄贈するため、
一昨日南三陸町から大槌町に向かった。
久々に西條さんを助手席に乗せ二人きりで丸三時間今後の取り組みについて話し合った。
やはりこのタイミングで彼と話をすることができたのは私にとって極めて有意義であった。

とにかく、非常に実り多い3日間であった。
要点だけでも掻い摘んで報告したいのだが、今から都心まで外出しなければならない。
次に向かっていくつものプランの準備を始め、これまでより多忙となり始めた。
報告は明日以後コツコツさせて頂く予定ですのでお待ち下さい。

追記。
奇しくも、上の行まで書き終えて「送信」ボタンを押そうとした瞬間に西條さんから電話が。
僅か3分だが、私にとってありがたい話を提案頂き、有意義な意見交換をした。
近日中に、西條さんとのことなども含めて昨年の支援活動を振り返った報告をしたい。
(2月7日の個人ブログより転載)
[PR]

# by human_link | 2012-02-08 23:33 | 震災
2012年 02月 08日

南三陸町志津川市街地より高台方向を望む

下のエントリーの写真と反対方向のアングルです。

a0157107_23394062.jpg

(2月6日の個人ブログより転載・写真をクリックすると拡大します)
[PR]

# by human_link | 2012-02-08 23:31 | 震災
2012年 02月 08日

南三陸町志津川市街地を望む

春先から何度もここから撮った。今回は数ヶ月ぶり。町並みができるまでとり続ける積もりだ。

a0157107_23104825.jpg

(2月6日の個人ブログより転載。写真をクリックすると拡大します)
[PR]

# by human_link | 2012-02-08 23:30
2012年 02月 08日

南三陸町で優雅に珈琲ブレイク

先月末、南三陸町の市街地外れにオープンした『さんさカフェ』で美味しい珈琲を頂いています。志津川高校避難所の仲間数名が始めたオシャレなカフェです。場所も志津川高校の直ぐ下です。被災地の友人・知人が新しい一歩を歩み始めた事を心から祝福したいと思います。南三陸町においでの際には是非お立ち寄り下さい。ちなみに、お店の名前を付けてくれたのはBIGNさんです。

なんだかとても不思議な気分です。昨年の春以来30回ほどこの町に来ていますが、こんなに素敵な空間で、ノンビリ美味しい珈琲を頂くことなど想像もしていませんでし。南三陸町に訪ねて来る楽しみがひとつ増えました。

a0157107_1145177.jpg


a0157107_1145379.jpg


a0157107_1145455.jpg


a0157107_114567.jpg


a0157107_1145796.jpg

(2月6日の個人ブログより転載)
[PR]

# by human_link | 2012-02-08 23:28 | 写真
2012年 02月 08日

岩手県大槌町

a0157107_1505461.jpg

(2月5日の個人ブログより転載)
[PR]

# by human_link | 2012-02-08 23:26 | 震災
2012年 02月 08日

宮本亜門さん志津川市街地を訪問

志津川市街地を全て見渡すことの出来るさかなのみうら旧店舗3階で三浦さんから説明を聞く宮本亜門さん。

a0157107_9531163.jpg


a0157107_9531864.jpg


a0157107_9532618.jpg

(2月5日の個人ブログより転載)
[PR]

# by human_link | 2012-02-08 23:25 | 震災
2012年 02月 08日

不思議なツーショット

私のブログ訪問者の方ならよく知っている南三陸町の漁師の佐藤長治さんと宮本亜門さんが語り合うシーン。


a0157107_2337915.jpg

(2月4日のの個人ブログより転載)
[PR]

# by human_link | 2012-02-08 23:24 | 震災
2012年 02月 08日

再会

久しぶりにふんばろう東日本支援プロジェクトの西條代表と再会した。実に8月末に会って以来。今回は「たまにはご一緒しませんか」と声を掛けて貰った。春当時の事を思い出し懐かしい気持ちになった。宮本亜門さんをご紹介頂き楽しくお話させて頂いた。奇遇にも、亜門さんと私は同じ年であったか。気さくでとても素敵な方だ。

a0157107_191070.jpg

(2月4日の個人ブログより転載)
[PR]

# by human_link | 2012-02-08 23:23 | 震災
2012年 02月 08日

さんさカフェ

志津川高校避難所の仲間たちが先月末始めたお店です。場所も志津川高校の直ぐ下です。

a0157107_17389100.jpg


a0157107_1738147.jpg


a0157107_17382069.jpg

(2月4日の個人ブログより転載)
[PR]

# by human_link | 2012-02-08 23:22 | 震災
2012年 02月 08日

宮本亜門さんさかなのみうら訪問

a0157107_16575829.jpg

[PR]

# by human_link | 2012-02-08 23:22 | 震災
2012年 02月 08日

歌津のお母さんの餅づくし

歌津のお母さんたちがお餅でおもてなし下さいました。雑煮、くるみ餅、あんこ餅。私も亜門さんのお隣で頂きました。昼抜きだったので最高でした。

a0157107_15541562.jpg


a0157107_15542018.jpg

(2月4日の個人ブログより転載)
[PR]

# by human_link | 2012-02-08 23:21 | 震災
2012年 02月 08日

宮本亜門さん、ミシンでお仕事プロジェクトに参加

南三陸町歌津地区の石泉活性化センターで行われている、ふんばろう東日本支援プロジェクト主催のミシンでお仕事プロジェクトに宮本亜門さんが参加されています。顔を出しただけではなく、ご自身被災者のお母さん方に混じって受講されています。物凄く気さくな人柄で大人気です。

a0157107_1549888.jpg

(2月4日の個人ブログより転載)
[PR]

# by human_link | 2012-02-08 23:18 | 震災
2012年 02月 08日

久しぶりのストーブお届け

東京、気温マイナス5度。今から東北へ。久しぶりのストーブお届け。

a0157107_6403166.jpg


a0157107_6403262.jpg

(2月4日の個人ブログより転載)
[PR]

# by human_link | 2012-02-08 23:17 | 震災
2012年 01月 27日

頑張る宮古市高浜の漁師さんから若布が届きました!

実はこの間いろいろと忙しく、ブログに上げる暇が無かったのですが、
10日ほど前に宮古市高浜の山口さんからもワカメとお酒と岩手弁かるたを送って頂いていました。
同封されていたお手紙をご紹介します。

寒さが続いておりますが、皆様方はいかがお過ごしでしょうか。
本日「若布をとったぞ〜」と言う訳で、少しずつ立ち上がってきました。
高浜漁師とそのかあちゃん達は、皆様のご支援の下、今日も浜の作業を行っております。
皆で力を合わせ、一歩ずつ進んでおります。
これから、牡蠣・昆布など磯漁復活を目指し日々頑張ってまいります。
少しですが、高浜の気持ちを送ります。
地元民を代表して 高浜ボランティア・ウエーブ 山口
追伸。若布はダイレクトに(そのまま)シャブシャブが美味です。

a0157107_135181.jpg

[PR]

# by human_link | 2012-01-27 13:18
2012年 01月 27日

南三陸町の長さんから取りたてのワカメが届いた!

南三陸町清水浜の漁師佐藤長治さんが送って下さったワカメが本日届きました。
「がんばって、ワカメが取れたらお世話になった人たちに送ってあげるんだ」と、
夏頃から目を輝かしていた長さん、立派なワカメが沢山取れているとのことでとても嬉しいです。
twitterをちょこっと覗いたら大阪方面数人の「長さんワカメが届きました!」とのツイートが。
あっちこっちに送ってあげていたら、長さんの収入が少なくなるんじゃないかと心配です。
長さんのワカメは、本当に美味しいです。ハッキリ言って別格です!

a0157107_12521515.jpg

[PR]

# by human_link | 2012-01-27 13:17 | 震災
2012年 01月 27日

南三陸町でパイプハウス制作中(1月23日)

昨年11月16日に岩手県宮古市に2トン車一杯の家電品を山口県から届けた松原香織さんが、
横倉雅大さんと力を合わせて南三陸町にパイプハウスを寄贈されました。
一緒に支援活動をした仲間がその後も頑張ってくれていることを心から嬉しく思います。
被災地の復興にはこのような民間からの支援が必要不可欠です。
嶋津祐司さんのFacebookでの報告を転載して紹介します。

d0241728_11355151.jpg

【パイプハウス作成中】 嶋津 祐司
松原 香織 さんスマイルアクションプロジェクト様と 横倉 雅大さん率いるニコタマアウトドアクラブ様のご支援により、先週漁師さんが海岸で使用するパイプハウスが届きました。でも、ちょっとなめてました。箱を開けてびっくり!結構、いやかなり大変、説明書を読んでその凄さに何でもできるスーパーボラの恩田さんも思わず笑ってしまいました。そこに奇跡が!これまで我々のお手伝いに2度いらして頂いた俳優の榎木孝明さん、その友人で竹工作職人の村さんとお仲間で東京大学建築学部卒の2人がグットタイミングでお手伝いに!2日間でなんとかここまで完成しました。完成しましたらまたご報告いたします。
[PR]

# by human_link | 2012-01-27 11:35 | 震災
2012年 01月 27日

南三陸町の清水浜(しずはま)に大阪からプレハブが届きました!

あったかストーブプロジェクトでも大きな活躍をしてくれた大阪の永山君が頑張っています。
彼なら力になってくれるだろうと私が南三陸町のさかなのみうらに連れて行ったのですが、
その後、永山君は私など足下にも及ばぬ力強い支援を続けてくれています。
秋にフォークリフトを届けたのに続いて今度はプレハブを清水浜に送り届けました。
Faecbook での嶋津祐司さんの報告を転載して紹介します。

d0241728_11345258.jpg

【第二弾プレハブ届きました】 嶋津 祐司
24日ふんばろう東日本プロジェクト大阪支部 http://wallpaper.fumbaro.org/osaka/
永山さんのご尽力により第二弾のプレハブ到着しました。
漁師さんが採ったわかめの芯抜きや袋詰めをする作業は女性の方が多く、その皆さんが食事をしたりお茶を飲んだりする休憩所として使用するそうです。震災後、ここでは沢山の用途で大変多くのプレハブを見ることが出来ますが、その中でも大変きれいなものでした。

沿岸部の被災地以外にお住いの皆様は信じられないかもしれませんが、南三陸町では、10カ月以上過ぎても電気の通ってない浜がほとんどで、今日ようやく長さんの浜である清水浜に電気工事が入りました。電気が来る=わかめが茹でられる=出荷が出来る=収入が見えるというわけです。今日は大きな一歩です。少しづつ、浜もにぎやかになるでしょう。
[PR]

# by human_link | 2012-01-27 11:35 | 震災
2012年 01月 25日

あったかストーブプロジェクトをご支援下さった方々へのご挨拶

※個人ブログのエントリーを転載します。

今日は、子供を保育園に送り届けた後すぐに外出する予定であった。
しかし、朝ある人から1通のメールが届き、ちょっとした依頼を受けた。
その為予定を変更し、朝からずっと机に向かって依頼された案件に取り組んでいた。
その作業は、図らずも、昨年春以後に取り組んだ被災地支援活動を深く振り返るものとなった。
そして、今後自分がどのような形で支援活動に取り組むかを感情面から展望する契機となった。


私はこの間、twitterでの発信を止めている。打ち明けると、水面下に潜ったのである(笑)。
この後、2〜3月には表だった被災地支援活動は行わない積もりだ。
勿論、何もしないと言うことではない。ひっそりと単独行動はするだろう(笑)。


あったかストーブプロジェクトは今月一杯で終了する。
北は北海道から南は沖縄まで、非常に沢山の方々から身に余るご支援を頂いた。
プロジェクトを終えた後、2月に少し纏まった報告を行う積もりであるのでお待ち頂きたい。


遅くとも桜の咲く頃には次の活動を始めようと思っている。
私は一匹狼的な人間であるため、多くの人々と一緒に何かをすることがあまり好きではない。
しかし、私一人で出来ることなど何も無いに等しいので、
また多くの方々からお力をお借りすることになるかもしれない。


被災地の現実はまだまだ厳しく苦しい。
被災地全体の復興と言うことを考えると10年かかる事業だろうと思う。
私は最初に被災地に通い出した頃から触れ合った被災者の方々に「10年通います」と言ってきた。
この言葉は守りたいと思っている。


しばらくの間、twitterでもこのブログでも被災地の事についてはあまり触れないかもしれない。
しかし、今年は昨年よりも地道に、そしてもう少し深く支援活動に取り組むことを考えている。
今から桜の咲く頃まで、コツコツと次の活動の為の下準備をするつもりだ。
そしてきっと、私の意には反して(笑)、もう一度皆様方と再会することになるだろう。
[PR]

# by human_link | 2012-01-25 14:21 | 震災
2012年 01月 11日

あったかストーブプロジェクト継続のお知らせ

昨年は、あったかストーブプロジェクトに多大なるご支援を頂きありがとうございました。
おかげさまをもちまして、すでに1600台を超えるストーブを被災者の方々にお届け致しました。
スタート当初の予定では11月15日にプロジェクト終了の予定でしたが、
予想を超える支援要請の声が届きましたため、昨年末まで継続しました。
しかし、年が明けてからも支援を希望する声が届いており、宅配便で送っています。

昨日、大槌・釜石の窓口と成って下さっているヤブキさんから次のような連絡がありました。

平島さん。大槌でも釜石でもストーブ大評判です。追加を御願いするとしたら何台くらい可能ですか?

何台必要か問い合わせ今調べて貰っているところですがある程度の台数が必要だろうと思います。
また、近々毎日新聞であったかストーブプロジェクトが紹介される予定ですので、
その記事を目にした被災者の方々からも支援要請が届くことが予想されます。
1月15日をもって終了させて頂くつもりでしたがこのような事情に鑑み今月一杯継続いたします。

こういう状況の中、関西の「Foot 24」さんが、新年早々仲間の方々に声を掛けて支援金を集め、
更には、ブログを通じて本プロジェクトへの協力を呼びかけて下さいました
この方は、今までにも幾度となく友人・知人に呼びかけては支援金を集めて送って下さいました。
同じような形でご支援下さる方が他にも何人もおられます。

私が、終了予定を何度にも渡っても延ばしてプロジェクトを継続してきたのは、
支援要請が届く限り応えようと言うことが第一の理由ですが、
このような方々から胸の熱くなるご支援を頂いていることも大きな理由です。
このようなありがたいバックアップがある限り、そして、支援の要請が届く限り、
本プロジェクトを早々に終わらせるわけにはいかないと、改めて深く思いました。


あったかストーブプロジェクトを応援下さる全ての皆様に、
この場を借りて改めて深く御礼申し上げます。ありがとうございます。心から感謝しております。

次の展開の準備のために、1月は10日まで「死んだふり」をしておりましたが(笑)、
今月末までプロジェクトを継続することになりましたので、今日から再スタートします。
どうぞ、宜しくお願いします。
[PR]

# by human_link | 2012-01-11 11:00 | 震災
2012年 01月 02日

謹賀新年

昨年は多大なご支援頂きありがとうございます。本年も宜しくお願いします。
d0241728_167740.jpg

(2012年1月1日 岩手県宮古市浄土ヶ浜・写真をクリックすると拡大します)
[PR]

# by human_link | 2012-01-02 16:08
2012年 01月 01日

ストーブお届けシーン NHKニュースで紹介されました

10月6日に南三陸町の自宅避難世帯などにストーブをお届けした際の様子が、
当日のNHKニュースで2回紹介されました。
Blu-ray Discに録画した映像がありますがCPRMなどの問題がありアップロードできません。
偶然、石巻市渡波の被災者宅にお邪魔した直後にニュースが流れたので、
首から提げていたコンデジで撮影した動画をここにアップします。ニュースの冒頭は切れています。

最後のシーンはわかめ養殖の種付けの準備作業をしている漁師さん達。
作業小屋やテントは寒風吹きすさぶ厳しい環境。ストーブ4台をお届けしました。
みなさん、もの凄く喜んで下さいました。このあと漁協青年部の仮事務所にも2台お届けしました。
人間の笑顔って素敵だなーと痛感させられるような笑顔で喜んで下さいました。
漁業復興は被災地復興の要ですので、今後も漁業復興支援を行っていきたいです。



[PR]

# by human_link | 2012-01-01 00:00 | 震災
2011年 12月 31日

ストーブプロジェクト記事一覧

ストーブプロジェクトに関する記事を纏めました→【ストーブプロジェクト】
[PR]

# by human_link | 2011-12-31 23:59 | 震災
2011年 12月 30日

あったかストーブプロジェクト支援金振り込み先

● ストーブプロジェクト支援金の振込先 ●

 りそな銀行 東大和支店 
 普通4491839    ヒューマンリンク 代表 平島武文


※1口1,000円です。何口でも構いませんのでご協力をお願いいたします。

1台のストーブに託して被災者の方々に励ましをお届けしたいと思います。
どうぞ、ご協力をお願いします。

[PR]

# by human_link | 2011-12-30 00:00 | 震災
2011年 12月 25日

釜石・大槌へのお届けの写真

釜石・大槌にお届けした15台のお届けをしてくれたヤブキ・レンさんから写真が届きました。
15件の内7件の写真を頂きましたが1枚はサイズが小さいため6枚を紹介します。
皆さん頑張って仕事をされている様子で何よりです。仕事があることは復興への第一歩です。

a0157107_1363585.jpg

a0157107_1364124.jpg

a0157107_1364721.jpg

a0157107_1365250.jpg

a0157107_1365667.jpg

a0157107_137030.jpg

[PR]

# by human_link | 2011-12-25 01:39 | 震災
2011年 12月 24日

被災者からのメール 「暖房もなく、凍えて過ごしております」

以下は、昨晩私の元に届いたメールです。
○○の部分には実名が記されています。
末尾に携帯電話の番号とお名前が記されていました。

あったかストーブプロジェクト、まだまだ終わりにするわけには行きません。
このような要望が届く限り、年が明けてもお届けしたいと思います。
ご支援宜しくお願いします→ 「東日本復興支援 ヒューマンリンク」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お忙しいなか、失礼いたします。

福島県いわき市で被災した者で○○と申します。

支援物資の件で、常々思っている事があります。

どうしたら支援を受けられるのでしょうか?

ニュースなどでは、ほとんどが宮城県や岩手県ばかり。
震災直後もニュースではあちらばかりで、
福島県いわき市は置いていかれました。

その報道の差なのか、原発事故のせいもあるのか
片付けなどのボランティアさんも来たことがありません。
義援金も他の地域に比べると、配分額はとても少ないです。

支援物資もです。
受けたことがありません。
全壊で流出でも、何の物資ももらった事がありません。

両親共々、市が借上げたアパートにいますが
暖房もなく、凍えて過ごしております。
悲しい事にお風呂で温まる事さえ出来ません。
湯を溜められても、追い炊きがないので一人入ったら冷めます。

こんなに同じ被災者で支援の差があるのが
とても悲しいし、つらいです。

どうか、ストーブを支援して頂きたいのです。
よろしくお願いいたします。
[PR]

# by human_link | 2011-12-24 15:13 | 震災
2011年 12月 21日

復興局なぜ盛岡に 

こういうこと一つとっても国が真剣に被災地の事を考えてないことがよく分かる。

a0157107_9553012.png

[PR]

# by human_link | 2011-12-21 04:46 | 震災
2011年 12月 20日

被災地の美しい風景

a0157107_10362853.jpg

(南三陸町志津川の夕景・写真をクリックすると拡大します)


4月以後毎週に近い頻度で被災地に通い、福島・宮城・岩手3県の十数カ所の被災地を訪ねました。
被災地ではどこに行ってもとても美しい風景と出会います。美しい海、美しい農村。
4月以後、私は被災地の「惨状」を伝える写真や動画を沢山このブログに掲載しました。
1人でも多くの人に被災地の現実を知って貰いたい、そして支援に協力して欲しい。
そういう思いで、まずは被災地の現実をお伝えしなければと思って写真を掲載し続けました。

しかし、被災地の惨状を伝える写真を何日も続けて掲載するとちょっとした苦痛を感じます。
それは、被災地のどこもがとても美しい所であることをよく知っているからです。
本当であれば津波被害の写真などより美しい東北の風景の写真ばかりをお見せしたいと思います。
けれども、震災被害と全く切り離された「美しい東北」の写真を撮り歩くことには躊躇いがありましたし、なによりもそんな時間は全くありませんでした。それで、移動の合間に車を停めて、僅か4~5分の時間に被災地の「惨状」と美しさの両方を画角に納めた写真を時々撮っていました。

12月10~12日に盛岡・大船渡・気仙沼・南三陸町・石巻市・東松島市・松島町を回りました。
大船渡にストーブをお届けする前後に何カ所かの被災地を訪ね僅かですが写真を撮りました。
今回は写真家・塙真一さんにご一緒頂き、とても楽しい3日間を過ごさせて頂きました。
塙さんが16日のブログに南三陸町と松島町の美しい写真を掲載されたので紹介します。
彼がブログの最後で語っている次のような気持ちが私にはとてもよく分かります。

【塙真一のブログ】『記録と記憶』

被災地の惨状を発表するのは私の仕事ではないと思っています。
ですので、私は美しい東北の景色をブログに掲載します。

[PR]

# by human_link | 2011-12-20 10:02 | 震災